« オジョウチョウサン | トップページ | 生まれちゃった! »

2018年7月10日 (火)

いい加減にしろよ!

国会に参考人として呼ばれた肺がんの患者さんが話している時に自民党の議員が「いい加減にしろよ!」とヤジを飛ばしたというニュースが流れてから大分経つ。

あの議員さんの経営するファミレスグループが九州にあるらしいが、そのファミレスグループは不買(食)運動にさらされる事もなく、今日も賑わっているのだろうか・・・?

議員さん曰く「喫煙者にも人権があると思った」

心ないヤジの言い訳がその程度で国会議員が務まるのだから「いい加減にしろよ!」と言いたくなるのはこっちの方だ。

喫煙者があまりにやり玉に挙げられるものだから喫煙者の人権を守りたくなった!という、聞きようによっては正義の味方ぶった言い訳には本当に呆れる。

喫煙者にも非喫煙者にも人権があるのは当たり前のことだ。

だが、受動喫煙を受ける側と加害する側が同じではない。

正当な権利を主張できるのは、加害側の喫煙者ではなく、非喫煙者の方なのだ、という事を国会の先生方に説明している・・・その最中。

嗜好品であるたばこを吸う権利と、受動喫煙を余儀なくされる事を拒否する権利。

もしこれがイーブンだというのなら、日本は蛮国のそしりを受けても仕方がないだろう。

がんで苦しむ人が、その原因の話をしている時にののしる。悲しくなりますね。

『吸う人も吸わない人も快適な社会』たばこ売ってる会社がそれを目指しているというのだから、そこに向かう道を考え探すのが政治家の役目でしょ?

本当はたばこのない社会を目指したいのだけれど、いきなりそうは言わないから、互いに歩み寄れるわけで・・・優しい大人の配慮です。

それにも気付けないほどのアホは、やはりすっぱりやめた方がいいと思います。たばこも政治も。

会津の政治家さんに、まさかあんな人はいないでしょうね?お願いしますよ~。

« オジョウチョウサン | トップページ | 生まれちゃった! »

コメント

煙草くさき国語教師が言うときに
明日という語は最もかなし  (寺山)
てすか
ただ喫煙者は声高に人権をうたうものではない
煙草を吸う権利は角ちがい と思ってます 喫煙者

コメントありがとうございます。思えばあの頃は「健康」を語る医師も、くわえ煙草で診察をしていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/73833287

この記事へのトラックバック一覧です: いい加減にしろよ!:

« オジョウチョウサン | トップページ | 生まれちゃった! »