« 左様ならば | トップページ | メイキャップ »

2017年10月31日 (火)

フォーラムとマルシェ

10月最後の土日、イベントが続いた。

土曜には第16回を迎えた「竹田地域医療フォーラム」今年のテーマは『目からウロコ~口から食べるってこんなに大切!』、近年注目されている口から食べることの重要性をみんなで考えましょうというフォーラムだ。

様々な疾患で口から食べれなくなった人は、鼻から栄養を入れ、誤嚥性肺炎の危険を回避する。長くこれが当たり前とされてきた。

その先には「胃ろう」と言って胃に直接穴をあけて、栄養満点のミルクの様な食事を流し込む。

どんなに食欲があって食べたいと言っても、誤嚥することのリスクよりは食べない安全を優先させてきた。

しかし、口からものを食べるという事はそんなに単純なことではなく、口から入れて、味わい噛み、唾液を出して飲み込むことで全身の様々な機能が、実は保たれているのだという事が分かって来た。

口腔のケアをして、飲み込む訓練をし、少しずつでも口から入れることで、寝たきりの人が起き上がる、そんな事例が数多く発表されてきたのだ。

当院では数年前からNSTチームを中心に、神経内科、耳鼻科のドクター、専門ナースなどが積極的に活動を続け、『会津を(A)食べる(T)楽しみを(T)あきらめない(A)地域にする(C)計画(K)』=ATTACK運動を展開している。

今回のフォーラムはこの成果のご報告とさらなる浸透を図る事を目的としていた。

例年の事になったが、コーディネーターの宗方和子さんの素晴らしいリードで、非常に良いシンポジウムが行われ、例年よりも少し多い観客が會津風雅堂を埋めた。

特別講演と幕間には竹田混声合唱団「虹の旋律(うた)」のミニコンサートが行われた。これもすっかり恒例になった。

院歌に始まり、世界に一つだけの花、花は咲く、ふるさと、そして特別講演の綾戸智恵さんに敬意を表し「テネシーワルツ」を聞かせてくれた。

特別講演は「家族との関わり~母の介護を通して~」軽妙な大阪弁で、少々えげつない事もさらりと流し、笑いを誘って会場を盛り上げた。

この日の夕方から風が強くなり、また台風の週末となった。

翌日曜に行われた「第一回・会津マルシェ」は竹田第一駐車場を使用の予定だったが、雨のためそのままスライドして立体駐車場の中で行われた。

風がひどくなかったのがせめてもの救い。時折激しい雨が降り、こんな形で立体駐車場が役に立とうとは夢にも思わなかった、といったところだ。

1階、2階に30数店舗のテントが並び、農産物から加工品、地元の民芸品なども並んだ。

3階にはステージも作られて観客席もあり、予定した出し物は雨でお流れになることなくすべてが無事に行われた。

オープニングでは実行委員長のSさんが欠席のため、私が代理であいさつをする事になった。

『マルシェ(市場)とは単にモノを売る場ではなく、地域の食文化や地域の人々の暮らしの息吹が感じられる場所、モノを通して人と人との交流が生まれる場所です』みたいなあいさつをした。

トウモロコシと田楽味噌、塩川牛のメンチカツを買い、ビーフシチューをいただいて失礼した。

何でも1200人ほどが訪れたというから、なかなかすごい。天候を考えれば充分に成功と言えるだろう。

その後、雨を付いて柳津の「齋藤清とムンク展」を見て、新そばを食べた。

ひと休みしてサウナに行って一汗かいて、マルシェで買って来たものを肴に一杯やった、というそんな台風通過の週末であった。

« 左様ならば | トップページ | メイキャップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/72118384

この記事へのトラックバック一覧です: フォーラムとマルシェ:

« 左様ならば | トップページ | メイキャップ »