« 一番怖かったのは? | トップページ | 久々の焼き肉 »

2017年8月19日 (土)

思ったより重症

「白血球の値が大分上がっている。これは思ったより重症だな・・・」と友人のT先生が言った。

お盆の後の夏休み、夜に映画祭の打ち合わせがあった。

その頃から喉に異常を感じていたのだが、飲んだら治ったような気分になり、調子に乗って二次会にまで付き合ってしまった。

その夜中、喉全体が平べったく腫れあがったような違和感で目が覚めた。これまでにないような感じで喉が腫れあがっていた。

眠ってからまだ2時間ほどしか経っていない。

慌てて、洗面所に行きうがいをする。喉に痰が張り付き高熱で干からびたような感覚、何度もうがいをするが「これはまずいなぁ・・・」という感覚は強まるばかり。熱も少しある。

それからほぼ1時間ごとに目覚めて、洗面所とトイレ、冷蔵庫のスポーツ飲料を往復したが、明け方にはフラフラして声が出なくなっていた。

これはどうしたものか。困った時のT先生頼みで診療が始まったらすぐに行ってみる事にした。

その前の話・・・・、お盆中に結局、孫も咳がひどくなり発熱、ママまでも喉の痛みと発熱があった。

15日にやっているクリニックはほとんどない。近くのK先生は16日まで休み。耳鼻咽喉科のK先生がやっていたので朝一でそちらで診察を受け、大量のお薬をいただいた。

その効果があって、二人ともみるみる回復し、事なきを得ていたのだった。

その矢先のジイジのダウンなのである。

「5年前にもこんな事あったな・・・」とカルテを見るT先生。「点滴をするかな」「ぜひ、お願いします」

小一時間後、点滴後の診察室での言葉が「思ったより重症・・・」だった。

幸い食欲は落ちていない。朝から絶食で診察を受けたので、帰りにコンビニでパンを買って帰って食べた。

「そんなにムシャムシャ食べて・・・」と家人が呆れる。食べてから薬を服用した。

薬の効果を高めるにはなんと言っても寝るしかない。

その日一日は、朝から夕方まで、寝たり起きたりで大人しく過ごした。

お盆前から会津はすっきりしない天気が続き、それほどの暑さもない。

窓を開けて、ドアも開け放っておけば風が抜ける。冷房を使わずに眠れたのが有難かった。

翌日にはのどのはれは大分収まったが、スキっと抜けないのが歳を取ってからの風邪ひきだ。

7、8割方はすぐに回復するところまで行くのだが、あとの2、3割がずっと尾を引く。

1週間か10日もかけて、ゆるゆるの坂道を登って行くようなそんな感じの治り方なのだ。

はっきりしない天気が続く今年の夏・・・喉をもみもみ、時に咳き込みながら、なんとなく熱っぽい身体をもてあまして、久しぶりの風邪っぴきに苦しんでいる。

« 一番怖かったのは? | トップページ | 久々の焼き肉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/71491290

この記事へのトラックバック一覧です: 思ったより重症:

« 一番怖かったのは? | トップページ | 久々の焼き肉 »