« 夢で逢えたら | トップページ | 開けっ放し »

2017年7月31日 (月)

南京町

神戸の中華街は南京町と呼ばれ、三宮の駅からすぐだ。

南京町は横浜の中華街よりもずっと庶民的だ。飲茶で有名な店、ぶたまんが自慢の店、様々なテイクアウト可のチャイニーズフードが通りに向かって景気良く蒸気を上げて、香りを送る。

店の前の大きなメニューは写真入りで、どれもお手頃値段。若者、女性の姿が目立つ。

通りには高級中華料理店というのはあまりない。別に高級でなくていいのだが、落ち着いてゆっくり食べて飲める店、というよりもガヤガヤと賑わっているお店が多いのだ。

そこで、ホテルのコンシェルジュにもう少しゆっくりできる中華料理店はないか?と尋ねてみた。せっかくの港町・神戸、美味しい本場の中華料理が食べたいではないか。

会津には「黄鶴楼」という中国人のシェフのいる中華料理店があるが、あまり縁が無い。本当にたまにランチで行く事があるが、夜に食べて飲んでというのはない。

鈴木保奈美さんに似たチーフコンシェルジュのMAIさんが、すぐに何軒か調べてくれてお勧めをプリントアウトしてくれた。

ご自分もよく行くらしく、味は折り紙つきだというのでそこに決めて予約をしてもらった。

上海料理の老舗「新愛園」は坂道の上にあった。働いている人全員が中国人で家族みたいだ。

二階のテーブル席に通された。

メニューは沢山あり、特にお勧めには金の丸いシールが貼ってあったが、品名だけで値段が書いてない。

ま、コンシェルジュさんがお高いとは言っていなかったし、店の作りから心配はいらないだろう・・・生ビールと目に止まったメニュー6、7品を頼んだ。

伊勢エビの黒コショウなんとかは、一応値段を確認した。半身で5000円だという。ナルホド、と思ったがその価値は充分にあった。

美味しいエビのプリプリ炒め(?)か、汁気がたっぷり。そのエビをいただいた後の残った黒胡椒の効いたスープでリゾットを作ってくれるのだ。これがまた絶品。

普段あんまり食べた事のないメニューを見つくろい、紹興酒を飲んでワインのハーフボトルも飲んだ。ご馳走さま!

大満足、大満腹でブラブラと南京町まで歩いてみる事にした。

ほんの数百メートル、9時前だったが南京町のピークはもう過ぎたようだった。

通りの入り口付近で飲茶や豚まんを売る店が賑わっていたが、奥の方はもう店じまいしている店も多く見える。

神戸の南京町は、観光客で大賑わいを見せる昼と夕刻がきっと勝負の時なのだ。

通りに戻り、タクシーを拾いハーバーライトホテルに戻る。

「いかがでした?」「いやー美味しかった、満喫しましたよ」「それは良かったです」とあいさつを交わし、部屋に戻った。

「なにいつまでコンシェルジュさんの名刺握りしめてるの?嬉しそうに・・・」と家人に軽くジャブをかまされながら、ゆっくりとジェットバスで疲れをいやす。

この夏旅も3泊目、少々疲れた。

明日は昼過ぎまで神戸観光をして、名古屋に寄り、孫の顔を見てみんなで食事をする事になっている。

そして明後日会津へ。4泊5日・・・思わぬ長い夏旅となったもんだ。

« 夢で逢えたら | トップページ | 開けっ放し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/71311679

この記事へのトラックバック一覧です: 南京町:

« 夢で逢えたら | トップページ | 開けっ放し »