« 広がる振れ幅 | トップページ | 大きな声で »

2017年5月16日 (火)

煙たい話

国会でたばこの規制をどうするか?ずっと前からやっているけれどさっぱり決まらない。

一時期、バーやスナックなどの平米数の小さな店ではOKにして、あとは全部ダメみたいな辺りで決まりかけていたようだったが、ここに来て自民党たばこ議連とかが、ぐいぐい押し戻して分煙出来れば(喫煙スペースがあれば)どこでもOKみたいな話にまでなっている。

すごいレベル低下で、逆行だ。

何度も書いたが、喫煙者と非喫煙者の議論がかみ合う事は決してない。

嗜好品を吸う自由は誰にでもあるはずだし、人に迷惑をかけなければ文句を言われる筋合いはない、と言う人とたばこが嫌いで、迷惑をどこまでも追求しようとする人の話はどこまで行っても平行線だ。

基本、議論といっても、心の底では初めから聞く耳を持たないスタンスなのだから、ろくな議論にはならない。

「俺たちは一杯税金払っているんだから感謝されてもいいくらいだ」と言うのと「アホか!たばこが原因で発症する病気、それに使われる多額の医療費、それだって税金。たばこが無くなれば、たばこ税など比べ物にならないほどの節税が出来るんだ」

結果はすごく険悪な雰囲気になり、場が白ける。

だからたばこの話はお互いにあまりしたくなくなる。お互いに自分が正しいと思いながら、譲る気持ちは全くないままにだ。

2020年のオリンピックに向けて、受動喫煙を無くそうという機運は高まり、その方向性は大方が納得しているにもかかわらず、決められないのではあまりに情けなくはないか?

こと国防や、憲法の問題とは違う。たかがたばこ、受動喫煙はいけないからやめましょうという話だ。

公共施設や病院などは敷地内全面禁煙。飲食店はすべて禁煙、吸いたい時は外に出て吸ってね、ぐらいで落ち着かないものなのだろうか。

政治家先生はそれでは多くの店が潰れてしまうと、中小商工業者の将来を気遣ってくれる。なによりも自分の票に影響するからだろう。

もうだいぶ前になるが、敷地内にあるコーヒーショップで全面禁煙にするかどうか揉めたことがあった。

反対の理由はもちろん、そんな事をしたら店が潰れる!だ。

調査によれば来店者の半数近くは喫煙者で、ここだけが吸えるので半ば喫煙目的での利用だという。

その半分近くが来なくなれば商売は成り立たない、潰れてしまいます!という簡潔な答えだった。

しかし、病院と言う性格上、禁煙は避けて通れない、と私は半ば強行に禁煙に踏み切らせた。

確かに、始まってしばらく売り上げは落ちた。ところがところが、タバコのないきれいなカフェになり、新たな非喫煙者の客が徐々に増えて行ったのだ。

一年もすると、たばこの煙が漂っていた頃よりも、売り上げは逆に伸びたのである。

全てがこうなるとは言わないが、案ずるよりも生むがやすし、たばこをくゆらす人々の大半は、心のどこかで『たばこをやめたい、たばこやめよう』と思っているのだ。

死んでもいいからたばこはやめない!と言う人のほとんども大病をするとたばこをやめる。

そういう人たちは、間違いなくたばこ大嫌いになるのだ。

年齢別喫煙率から将来をシュミレーションしてみるのもいいだろう。今の若者は吸わない人が多い。

そんな若者が描く未来を、ヤニにまみれたおじさん達が決めるのもいかがなものだろうかか。

たばこのない世界は臭くないしクリアでいい、と私は思っているが、この世からたばこを抹殺しろ!とまでは思っていない。

多少の譲歩はあっても早くどこかでケリを付けた方がいいだろうと思う。何も決まらないまま、先送り、先送りが一番いけない。

どうせ時代が変われば、いずれまた進む話なのだから・・・。

会津はまだ朝晩がひんやり、ストーブをちょこっと付けないと寒い。

« 広がる振れ幅 | トップページ | 大きな声で »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/70589048

この記事へのトラックバック一覧です: 煙たい話:

« 広がる振れ幅 | トップページ | 大きな声で »