« 新学部設立の夢 | トップページ | 獅子と共に »

2017年3月22日 (水)

元々、嘘はありなの?

報道機関がみんな好き勝手に言いたい事言うようになったら、信用しているこっちの方は訳が分からない、事になってしまう。

ので、困る。

ま、一概に報道機関といっても色々あって、初めからウケればそれでいい、と言う姿勢を貫き通しているところもあるにはある。それはそういう顔付きで居るから仕方ない。

しかし、新聞だとか、地上波のテレビだとかは、基本、真実を伝えようとしているのだろうと、凡夫は信じている。

トランプ大統領で有名になったフェイクニュース(嘘のニュース)、あれはあってはならない事だと思うのだけれども、なんだか近頃、「フェイクニュースを発信するのは仕方がないことで、本当か嘘かを見抜く、その責任は聞いたあなたの方にあるんです!」とでも言わんばかりの風潮が勢いを増しているようだ。

なんだか全てのマスコミがそんな方向に傾きつつあるように思えてならない。

居酒屋「籠太」に似ているな、と思った名前のどこかの理事長さん。あの人が一体どんな人なのかも、言っていることが嘘か誠かも分からないのに、朗々とまくしたてる言葉をテレビは延々と流し続ける。

あんなに攻め立てられても、全く物おじせずに話せるその強心臓に『すごいなぁ』と、感心はする。ワイドショー的な興味もある事はある。

ああいう人って、大なり小なりどこにでも居る。

役人も政治家も使えるものは使わな損!とばかりに何度も何度も、相手が閉口するほどお願いしまくって、「なぁに!なんと思われようが通した方が勝ちだ。私は人になんと思われたって一切気にしません。世間体なんてもんは犬の餌にもならない!」とかいう人。

「あの人には参ってしまう・・・」人ってどこにでもいるんじゃないのだろうか。(かなり桁は違うかもしれないけれど)

役に立つであろう名前や権力は総動員し、一度会っただけで「すごく、よく知ってる」と言う人、一緒に飲食でもしようものなら「親友だ」とかいう人。

有名人と握手した写真を額に入れて一杯飾っている人。

それに似たような人の自宅に、あろうことか野党の代表たちが招き入れられて一方的な話しを聞いて「総理大臣から100万円もらったんだって!」と、嬉しそうにテレビカメラに向かって話す。

それを、スルーでそのまま流す。

ちょっと冷静に、巻き戻してみてみれば『世も末だ!』と嘆きたくなるのも分かる。

と思ったら、新たにキャラの濃い人物がいきなり現れ、くだんの理事長さんの代弁者みたいな事を言い始める。「内閣が二つぐらい吹き飛ぶような・・・・・」

「ホンマかいな?」とは誰も言わずに、その人の背景や経歴など何も報じることなく言った事を全てオンエア、彼は一躍有名なジャーナリスト(?)になる。

よくよく調べてみて、さすがにあの人はまずいんじゃないのと思ったか、翌日からピタッと流れなくなった。

インターネットの発達により、どんな情報でも発信できるし、溢れている。

自殺の仕方、殺人の方法、武器や不正薬物の入手法、警察に捕まらない方法、大儲けの出来る方法・・・・結局、本当かどうかは自分で調べなさい、と何でもかんでも最後は自己責任だ。

でも、報道もそうだと、困ると思う。

基本、フェイクは無しですよ。嘘で人を貶めるような事をマスコミはしませんよ。

でないと凡夫は正直、困ってしまう。

何を信じて良いか分からないから、みんな自分で勝手にやって!では世の中、グラグラしてくる。

今、世界で、この国で何が起こっているのか?

会津盆地の中で暮らし、空を眺め、耳を澄ましただけでは何ひとつ分からない。

人間だから間違える事はあったとしても、嘘は無しにして報じてもらわなければ、やっぱり世の中おかしくなるだろう。

『天使のように大胆に、悪魔のように繊細に・・・』

大体において無邪気な天使よりも、悪魔の方がずっと狡猾で頭が良い、というのが通り相場だ。

もちろん私は天使じゃないけれども、天使並みに頭が良くないので困るのだ。

報道機関そのものがフェイクでは、世の中、いろいろなところがグラグラしてきてしまう。

« 新学部設立の夢 | トップページ | 獅子と共に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/70010705

この記事へのトラックバック一覧です: 元々、嘘はありなの?:

« 新学部設立の夢 | トップページ | 獅子と共に »