« 良いもの見ちゃった! | トップページ | みんなハズレです。 »

2016年11月12日 (土)

楽しいお手伝い

先週、「会津ふるさと映画祭」の実行委員メンバーの一人として、東京の下町・葛飾で行われたイベントのお手伝いに出かけて来た。

青砥駅から徒歩20分ほどのテクノプラザ葛飾というホールで行われたイベントは湯川村が主催し、ふるさと映画祭の実行委員会がお手伝いという形。

なんでも就農支援相談会がメインで、今回のイベントはその前哨戦、大勢の人に湯川村を知ってもらおうということらしい。(手伝って!という事で出かけたのであまりよく内容を把握していませんでした)

寅さんの映画を上映し、その後、湯川村の親善大使である倍賞千恵子さんと三澤村長さん、実行委員会の新城会長のトークショーという内容だった。

我々は、寅さん映画の撮影監督だった高羽哲夫さん(湯川村出身)の記念の品を展示したり、受付をしたり、最後に湯川村の新米で作ったおにぎりを配ったりという、まさに兵隊さんの一員だ。

日本一と言われる湯川村の新米で握ったおにぎりを無料でプレゼント!とデカデカと宣伝すれば良かったのに、担当者がそんなことしてあまり来過ぎては困る、と肝心のプレゼントをチラシに載せなかったもので、なんだか寂しい人出になってしまった。

集客には「タダであげます」より強いものはない、プレゼントは絶対に書かなくちゃ!

やがて映画が終わり、トークショーへ。その頃にはなんとか動員もかけて会場は格好がついた。

ちょっとパラパラの会場に気をまわしてか、倍賞さんがいきなり湯川村の村民愛唱歌(倍賞さんが歌っている)アカペラで歌い出した。

さすがである。

会場の雰囲気が明るく一変した。その後のトークショーは終始和やかな雰囲気の内に進んだ。

終わった後のおにぎりとお茶、思わぬプレゼントに来場者は皆感激、倍賞さんは記念写真も気軽に応じてくださった。

終了後。我々は後片付けを済ませて新横浜のホテルへチェックイン。倍賞さんがお住まいの新横浜で交流食事会が行われる。

「あおい」というお寿司屋さんの座敷に13人ほどが入り、会津から「玄宰」8本届けられている。

酒も良し、肴も良し、おまけにスターの倍賞千恵子さん、ご主人で作曲家の小六禮次郎さんも加わり、なんだか申し訳ない様な素晴らしい宴会だ。

ご相伴にあずかるとはまさにこの事、全く遠慮なく食べて大いに飲んだ。玄宰の生、ひと際旨し!

翌朝はゆっくりと発ち、上野の国立博物館で「禅」展をみて、会津へと戻った。

旅費、ホテル代、日当が実行委員会に支払われているという。財布は全く痛む事がなく、なんだか申し訳ない様なお手伝いであった。

« 良いもの見ちゃった! | トップページ | みんなハズレです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/68420997

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しいお手伝い:

« 良いもの見ちゃった! | トップページ | みんなハズレです。 »