« よくもまあ! | トップページ | 責任者はいない。 »

2016年9月26日 (月)

歳をとる

当たり前の話だが人は毎年歳をとる。

「歳をとる」という言い方が自然に馴染むのは何歳くらいからだろうか?

二十、三十では「歳をとる」とは言わないだろう。

やっぱり五十坂を越えたあたりだろうか?

近頃は、自分の事は当然だが、人は歳を取るものなのだなぁ・・・とつくづく思う。

若い社員も係長になり、課長になり、やがて役職定年などという歳が見えてくる。ついこの間までバリバリだと思っていたが、その人の後の事を考えなければならない、そんな時があっという間にやってくる。

万全の態勢だと思っていても、それがいつまでも続く事はない。(続けることはできない)

人はひとつひとつ歳をとり、一年一年情勢は変わってくるのだ。

漫然と過ごしてしまったら、あっという間に様々な所で経年疲労が起きてボロが出てくる。

トップに立つ人間は、「今」はもちろん大事だが「明日」を考える事の方がもっと大事だ。

あの時、ああしておけば・・・と後悔しても時は絶対に戻らない。

会津の酒屋さんの大手が相次いで別会社に譲渡される。かつてはトップと二位の造り酒屋だ。

もちろん懸命に闘ってこられたのだろうが、どこかで明日を見誤ってしまったのだろう。

どんどん作る大型の設備投資が大きくのしかかり、地酒ブームを支えているのはそうした酒とは違う、手作りの純米酒だ。

この歳になり、いろいろな仕事をしてきただけに、この町の産業の栄枯盛衰をいろいろと見て来た。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの会社が、いくつも姿を消した。

「この先三代、何があろうと屋台骨は盤石、潤沢な資産が枯れる事はない」と聞かされた会社もあえなく消えた。

歴史を重ねると言う事はそれだけで価値ある事なのだ。続いて行くという事はそれだけで素晴らしい事なのだ。

大丈夫か明日?決して他人事ではない。

『六十三 あと二つで 高齢者』

« よくもまあ! | トップページ | 責任者はいない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/67703758

この記事へのトラックバック一覧です: 歳をとる:

« よくもまあ! | トップページ | 責任者はいない。 »