« 歳をとる | トップページ | 老いて益々 »

2016年9月30日 (金)

責任者はいない。

会津のニュースが全国版でも取り上げられている。

それもとても褒められたお話ではない。

市議会議員が、フィリピン人の妻に生活保護費を不正受給させていたというのだ。それも2年半に渡り6百数十万円と高額で悪質だ。

2,3か月前に不正受給で妻が逮捕され、市議会議員は全く関与していない、知らないと申し開きをしていたが、結局は逮捕された。

それはそうだろう。難しい生活保護の申請書類を日本語もたどたどしい方が書けるはずもない。

生活保護の不正受給は全国的な大問題だが、その片棒を市民の代表である市議会議員が担いでいたという事で全国的にも話題になっているわけだ。

ひどい話だが、これがまかり通った事にも疑問が湧く。

生活保護の申請は簡単なものではない。

一時期、何千万円もの収入がある芸能人の親が生活保護を受けていて問題になった。あれ以来というわけでもないだろが、現在、審査は大変に厳しいはずだ。

そうしなければ自治体の財布もパンクしてしまう。

市役所の体制はどうなっていたのだろうか?

その奥さんは、生活保護を受けながらフィリピンパブで働いて収入を得ていたという。その旦那だって市議会議員に立候補して当選したのだから文無しだったわけではあるまい。

周囲の噂、評判もあったに違いない。

でも、役所的には書類の不備はなかったのだろう。

あやしいし、???、でも書類的に不備が無ければまかり通るのが役所だ。

これは地方でも東京でも同じことだ。

役人はややこしい事に巻き込まれるのを極端に嫌う。仕事に加点はないが、減点はあるからだ。

何事もなく無事に時間が過ぎれば、給料は着実に上がって行く。

仕事にヒットもホームランもいらない。エラーやボーンヘッドさえなければ、誰だって上がるのだ。

それが事なかれ主義を生むし、責任の所在を包み隠す摩訶不思議な書類の山を築く。

ろくでもない人を議員にした有権者も悪い。当のろくでもない人はもちろん悪い。

しかし、それを許した(放置した?)側には責任を取る人は全くいない。

それがお役所という伏魔殿だ。これは地方でも東京でも同じことだ。

« 歳をとる | トップページ | 老いて益々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/67735480

この記事へのトラックバック一覧です: 責任者はいない。:

« 歳をとる | トップページ | 老いて益々 »