« 言葉 | トップページ | ポケモンGOのその先 »

2016年7月21日 (木)

職業の自由

マッサージを受ける事がよくある。

スリランカでもアロママッサージを2度受けた。両方とも若い男性の施術者で結構上手だった。

下呂温泉でも足のオイルマッサージをしてもらった。このオバさんもうまかった。

先日、場所は記さないが30分の足裏マッサージを頼んだ。で、やってもらおうとしたら施術者が手にビニールの薄い手袋をかけてやろうとするのである。

「え?それでやるんですか?」「このほうが手が滑らなくていいんです」「でも気持ち悪いし嫌だな」実際、手袋ではよれて非常に不快なのである。

第一、なんか汚いものでも触るようなそんな雰囲気がして、やってもらうこっちも気分が悪いじゃないですか?

「えー、じゃあ悪いけどキャンセルしてもらえるかな・・・」「そうですか・・・・」

先払いで支払いを済ませていたので「じゃあ、悪いから普通のマッサージしてもらうかな」といって、椅子から立って横になってもんでもらう事にした。

うつぶせに寝転んでタオルをかけて足腰を押すのだが、なんと驚いたことにその際も彼女は手袋を外さなかったのだ。

こっちがいやだって言っているのに、バスタオルの上から触るのに手袋を外さないってどういうこと?

かなり頭にきたが、ここで言うと泣きだしたりして揉め事状態になりそうなので、こらえた。

で、早く終われ!と思っていた30分が終わり早々に帰ろうと、隣の部屋を見ると、もっと体格もがっちりして愛想良さそうでマッサージの上手そうな施術者が普通に素手でやっているではないか。

なんなんだ!と頭にきたが二度と来るもんかとそこも堪えた。

結局、彼女はお客様の体を素手で触るのが嫌だから手袋をしていた、そういう事になる。

それはあまりにも失礼ではないかと思うのは、私だけだろうか。

世の中には職業の自由がある。

そばアレルギーの人はそば屋さんにならなくていいし、魚を触れない人は魚屋さんにならなければいい。

同じように人の体を触るのが嫌な人、人をマッサージして喜んでもらおうとも思わない人はマッサージ師にならなければいいのだ。

それだけです。

不愉快だったですね。

会津はカーッとした夏が来ない。朝晩は窓を開けっ放しでは肌寒いほどだ。

« 言葉 | トップページ | ポケモンGOのその先 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/66632666

この記事へのトラックバック一覧です: 職業の自由:

« 言葉 | トップページ | ポケモンGOのその先 »