« 早く言ってよ! | トップページ | シギリアロック »

2016年7月11日 (月)

かなりのロングドライブ

朝8時、会津若松ICから磐越道を走り新潟中央ICの手前のパーキングに停車。カーナビに名古屋の中心部・栄にあるホテルの電話番号を入れる。

すると斜め下の方に向かって中央道を通り、長野、松本から名古屋に向かう道筋が示される。およそ7時間、夕方の4時頃には着くという。

「ああ、そうですか」と素直に従うしかない。

北陸道を通って富山の方からずっと南下していくのかな?と思っていたが、どうやら日本列島の真ん中を行くらしい。

特に異議はないのだがなんとなく、そうなんだ・・・・という感じ。

とはいえさっぱり道は分からないわけだから、ナビさんの言うとおりに行くしかない。

娘夫婦の住んでいる名古屋へ。夏休みを少しとって孫の顔を見にロングドライブを決め込んだ。

スバルのアウトバックに乗り換えて一番の遠出。ま、7,8時間ならなんとか行けるだろうとの挑戦、と言うほど大げさなもんでもないが晴天の中を飛ばしてみた。

長野、松本方面を抜けて中央道を走り東名に入り名古屋へと向かう。景色は良好。途中お昼を食べた梓川SAでは36℃もあった。

ま、とにかく言われるがまま。あっちへ合流、そっちの工事に気をつけろ、ほらそこで左だと、ナビさんに言われるまま頑張って走り(途中家人が1時間ほど運転)名古屋のど真ん中のホテルに無事到着。

ナビがなきゃ、とても来る事は出来ない。

昔は道路地図と首っ引きで走ってたんだからすごい、都会の道路はとても田舎者には走る事の出来ない迷路だったに違いない。(東京のタクシーの運転手さんもよくナビを使っているもんな)

ホテル隣のタワーパーキングにクルマを入れてチェックイン、早速ビールで無事到着の祝杯をあげた。

ここからは地下鉄で娘のアパートに行ってみる。家人は何度か来ているが、私は初めて。

すぐそばの「バロー」でというスパーで飲み物やアイスなどを仕入れていると、娘が孫を連れて道向こうを歩いてきた。私が手を振ると、孫は私を見つけ・・・固まった。

なかなか間取りの良い部屋、ま、我々の若かりし頃の住まいを考えれば実に豪華なものだ。

部屋で過ごす内にようやく記憶の回路が繋がったのか孫が笑い出し、ぐるぐる回り出した。

最近はぐるぐる回りが得意らしい。

ひとしきり遊び、ひと息ついて栄へと戻る。

せっかくの名古屋、うまいものを食べようと盛り場をブラブラ、こういう盛り場でここぞ!という店を見つけるのが楽しい。

が、あんまりピンと来る店構えが見当たらない。

そこで酒のスパーの前にいた(というか電球交換で忙しそうにしていた)店員さんに「この辺で評判のいい鮨屋はあるかね?」と聞いてみる。

するとすぐそばの「吉野」という店を教えてくれた。

暖簾が無い店でなかなか開けにくいドアだったが思いきってのぞいてみる。

中は木造りの落ち着いた造りだ。「予約なしですが大丈夫ですか?」「・・・・・・・おひとり様ですか?」「いえ、二人で」「…どうぞ」

躊躇感はハンパ無かったが、カウンターの端の椅子を進めてくれた。「今日は予約でいっぱいで!」と一言のもとに、断られなくて良かった。

当たりでした!肴も酒も良好、三重の魚が多かった。特に三重のウニというのはなかなか絶品だった。裏返して箱に入れてあるので見た目は悪いが北のウニとはまた一味違った濃厚さがあった。

大将も口数は少ないが歓迎してくれているのが良く分かる。旅先でこういう旨い店に当たると嬉しい。最後には大将と写真まで撮ってしまった。

ちなみに翌日の晩は名古屋コーチンの「一鳳」、次の昼に「なまずや」という日本料理屋で櫃まぶしを食べた。

曇り空で一転涼しくなった翌日は、夏休み前ですごくすいていた明治村でSLに乗ったりチンチン電車に乗ったりしてのんびり遊び、犬山城を車窓見学。

土曜にはパパも休みを取ってみんなで下呂温泉へと行った。

当初はそこで別れるわけだったが計画変更、名古屋の猛暑から逃れて一週間ほど、孫が一緒に会津に来る事になった。

突然決めたわけではなく、2週間前にパパからのお許しが出たとのことで荷物はしっかり積んできている。

当然ながら帰りの車に同乗だ。

下呂温泉からカーナビに自宅を入れると、41号線から高速に乗り、富山へ抜けて北陸道を通るルートが示される。最初に想定した道だ。

およそ8時間、頑張って走りました。この日もまた晴天、今度は海を見ながらのドライブとなる。

やはり途中100キロぐらいは家人が運転を交代してくれ、夕方の5時前には涼しい会津に到着したのである。

想定外と言えば孫があまり寝なかったという事かな、新しいベビーシートがどうもしっくりこなかったようだ。

とはいえ泣き叫んだりすることも無く、まずまず大人しく。所どころ不機嫌なのは眠いから仕方がない。

機嫌が戻ると「アンパンマンはヒーローしゃぁあ!」の歌を、壊れた蓄音器みたいに何度も何度も繰り返した。

というわけで全走行距離1330㎞強、なかなかのロングドライブであった。

もうしばらくは車を運転しなくていい、腰が痛い!

« 早く言ってよ! | トップページ | シギリアロック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/66455381

この記事へのトラックバック一覧です: かなりのロングドライブ:

« 早く言ってよ! | トップページ | シギリアロック »