« シギリアロック | トップページ | 職業の自由 »

2016年7月19日 (火)

言葉

2歳1カ月のこどもがどのくらいの言葉を話すのか?自分の子育ては遠い昔のこととなり、あまりよく分からないのだが、ウチの孫は男の子にしてはすごくよく話す、とどこに行っても言われるらしい。

人見知りなのにへらへらしているのだ。

こうだね、と言うと、こうだね、とオウムのように繰り返す。

聞いていないような顔をしていながら大人の会話はちゃんと聞いている。

私が家人を「君はいつも大袈裟なんだから・・・」とか言っていると、次の日急に「バアバ、は大袈裟でしょ」とか言ったりして周りを大笑いさせる。

笑ったりすると一層調子に乗って「大袈裟」を繰り返す。その意味が分かるのはいつ頃なのだろう?

もちろん意味が分かって使っている言葉もある。色の名前や、好き嫌い、イヤ、ヤリタイ、あっち行く!

「ジイジ、イヤ!」とはよく言われるが「ジイジ、嫌い!」とは言われた事が無いので、少しは気を使うほどのニュアンスの違いも分かっているのだろうか?(そんなはずはないと思うけど・・・)

「大好きか?」と聞くと「大好き~ぃ、じゃない!」と言ってケラケラ笑う。

これも「じゃない!」と言うとなんとなくウケることを知っていて、大人をからかっている感じがする。

言葉を知ることで人間は考え、自分を少しずつ形作って行くものだ。

悪い言葉は覚えないで、良い言葉だけで考える人になればいいのにと夢物語ったりするけれど、残念ながら悪い、汚い言葉の方がすぐに覚える。

だからこどもの前で話す時には気をつけなくてはいけない。

何かの本にあったが『人間は愛し合う事よりも憎しみ合う事の方がずっと得意だ。だから世の中には戦争や争い事が絶えないのだ』なんとなく分かる。

手に出来ないからこその『ラブ&ピース!』なのだろうか?

群衆に突っ込むトラック、逃げ惑う人々を掃射する銃、人間の争いは戦いは、次第に歯止めの効かない方向に向かって進んでいる気がしてならない。

こどもたちの未来はどうなってしまうんだろう?と真面目に考えるとなんとなく気が沈む。

それでもやっぱり会津のジイジは「ラブ&ピース!」と言って、遊んで、かまって、抱きしめることしか出来ない。

美しい言葉が君の人生に満ちる事を祈って!

« シギリアロック | トップページ | 職業の自由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/66580572

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉:

« シギリアロック | トップページ | 職業の自由 »