« 沸騰 | トップページ | 阿吽 »

2013年7月21日 (日)

ひこうき雲

ネット上には読者や映画を観た人、様々な問題に関心を寄せる人々が自由に意見・感想を書き込めるユーザーレビューと言うコーナーがある。

ここで話題になって盛り上がったり、火が付いてブームになるなんてこともあるのだ。

書籍や映画、また旅館・ホテル、食事処などのレビューはよくのぞいて参考にさせてもらう。

でも、あくまでも参考だ。

「ああ、こんな風に感じたり、考えたりもするんだ・・・」と思いもよらない意見に会うと、人は本当にそれぞれなんだなぁ、と改めて思う。

すごく良かった映画や本などに出会うと、嬉しくなってレビューをよくのぞく。すると存外、ケチョンケチョンにけなしている人もいたりして「へぇ~」と思う。

ジブリの新作、宮崎駿監督の「風立ちぬ」を観た。

とっても良かったと思う。☆をつけるなら4つはつけるなぁ、私なら。

零戦の設計者・堀越二郎氏と作家・堀辰雄氏、そしてもう一人、タバコの大好きな宮崎駿監督自身を隠れたモデルにした大空と飛行機、戦争と純愛の物語だ。

一つ一つのシーンが、ロマンとセンチメンタリズムに溢れている。二郎と菜穂子の純愛にはホロリときた。

声優にエヴァンゲリオンの監督・庵野英明氏を起用している。とても味わいのある声で、初めは変わった声だなぁ、と思ったがすぐに二郎に溶け込んだ。

とてもいいと思ったがレビューでは『最低、最悪、独りよがり・・・』など、ひどい言葉が並んでいた。

いやいや、そんなことはありません!と、思う。

「となりのトトロ」のお父さんにコピーライターの糸井重里氏を起用したように、宮崎駿監督は凡人には思いもかけない声で、アニメに鮮烈な生命を吹きこませる天才だ!と感心する。が、書き込みをした経験はない。

二郎の愛する人も、情熱を傾けた零戦も一機も戻ってはこなかった。

しかし『風が吹いてきた。あなたは生きることを試みなければならない』直訳すればこのような詩の一節が、堀辰雄という一人の人間を通り抜けるとこんなにも美しい日本語に生まれ変わる。

『風立ちぬ いざ生きめやも』

そして、まるでこの映画のために作られたような名曲、荒井由美の「ひこうき雲」。

この美しい曲を会津と郡山を結ぶ磐越自動車道で、何度も何度もリフレインして聞いた。

♪ 空に憧れて 空をかけてゆく あの子のいのちは ひこうき雲 ♪

やっぱ☆5つにします。

« 沸騰 | トップページ | 阿吽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/52556352

この記事へのトラックバック一覧です: ひこうき雲:

« 沸騰 | トップページ | 阿吽 »