« お終いと始まりの頃 | トップページ | 巳年 »

2012年12月28日 (金)

離婚

『成田離婚の様なものです』と、周りが揶揄するのならまだしも、ご当人たちが恥ずかしげもなく自嘲しているのだから呆れる。

熱く手をつないだ未来は、こんなにも早く壊れてしまうものなのだろうか・・・。

罪は、誰の心にも突き刺さっている原発の問題を争点にして、あたかも未来を拓けるかのように欺いたこと。

オセロのコマをひっくり返す様に、「脱」や「卒」なんて簡単には行くはずもない。

誰もが出来る事なら無くした方が良い、と思っているに決まっている。でも、そのアプローチをどうするかが政治の仕事であって、幻想をふりまくのが仕事ではないはずだ。

早く年内離婚を成立させないとお金が入らない、などと聞かされると腹立たしさを通り越して悲しくなる。

偽装結婚は罪になるのに、こういうのはならないのだろうか?

とにかく、まっとうな政治が行われて、この国がもう少しシャンとしてくれる事を多くの人々が、祈りにも近い気持ちで願っている。

「一度逃げ出した人間は必ずまた逃げる」というのは、私の人生から得た教訓でもあるのだが、今回だけは例外となる事を期待したい。本当にもう、この国は後がないところまで来ているのだから・・・。

暮れの総選挙で、結局、会津からは二人の代議士が誕生した。お二人には「代議士」という言葉の重みを噛みしめて、健康に留意されて精一杯頑張って欲しいものである。

簡単に偽装結婚したり、成田離婚をしたり、その手の事は愚直なまでの会津人には決してできないことであるはずだ。

« お終いと始まりの頃 | トップページ | 巳年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/48504079

この記事へのトラックバック一覧です: 離婚:

« お終いと始まりの頃 | トップページ | 巳年 »