« ワイパー | トップページ | くじ運について »

2012年12月19日 (水)

怒りの種

「スイカ」とか「パスモ」とか全国のICカードが共通化されるというニュースが流れた。全国で広く使えてとても便利になるらしい。

東京や大阪など、大きな街に行くとスイスイ乗れるICカードはとても便利だ。いちいち小銭を出す必要もないし、財布がジャラ銭で膨れ上がる事もない。そのカードで買い物も出来るし、無くなればチャージし、何度でも使える。楽チンだ。(とはいえ、実は使ったことがない)

先日、飲み会の席でそのICカードの話題になった。東京に出張に出たりするとICカードなしではやってられないという。駅で買い物したりする時も、多くの人がカードでタッチ、タッチでスイスイ行くが、中に小銭ジャラジャラでモタモタしている人がいると、超頭に来るというのだ。

その話を聞いてちょっとドキッとした。

小生は、お金を払っておつりをもらって、それをゴソゴソ財布にしまったりしているわけだから、ただそれだけで案外、人にムカつかれているのかもしれない・・・。

そういえば、コンビニのレジなどで、後ろに人が並んでいると時々殺気の様なものを感じる事がある。殺気は大袈裟かもしれないが「おっさん早くしろよ!」の様なイライラ感は確かに感じることがある。

すぐ後ろで缶コーヒーとか持った兄ちゃんが、イラっとして貧乏ゆすりしていたりする。

便利さを享受している人からすれば、その便利さに加わろうとしない人間はきっと異次元の生き物なのだろう。

「なんでカードも持ってねぇの?なんでお財布携帯もないわけ?なんで?なんで?スッとやりゃあパッと出来んのによ、なんで?」

そんな事を考えれば世の中、何も人には迷惑をかけずに生きていると思っているのに、普通に暮らしているだけなのに、思いもよらないところで怒りの種をばらまいているのかもしれない。

そう思うとなんだか少し怖くなる。

便利さは、便利じゃないものに対する怒りを産む。IT社会が進めば進むほど、人はイラつき、堪え性が無くなって行くのかもしれない。

ツイッターやフェイスブックだって思わぬところで怒りを振りまくこともある。暴かれるプライバシー、繋がりを切っただけで逆に買うかもしれない恨み。

ちょっと意見を言っただけですぐに炎上騒ぎになるのは、何ものかに対して常に文句を言いたい「庶民」という名のモンスターが潜んでいるからだ。

便利さのその裏側で、複雑な怒りの種が蒔かれている社会、全く意識もしていないところで大きな渦に巻き込まれないとも限らない。くわばら、くわばらである。

会津は晴れた分、キンキンに冷えました、明日はもっと寒くなるとか。クリスマス寒波の予報もあり、サンタさんも雪道で大変になるかもしれません。

« ワイパー | トップページ | くじ運について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327739/48380591

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りの種:

« ワイパー | トップページ | くじ運について »